メンズ

女性には女性育毛剤|自身の年齢に応じた種類のもの

抜けた毛を取り戻す

男性の後頭部

梅田で植毛をするならば、どのような選択肢があるか知ることが大切です。植毛は大きくわけて、人工の毛を植えるものと、生えている部分の自分の毛を移植する方法にわけられます。人工の毛だとすぐに効果が出て、自分の毛を植える場合は長い効果の持続が期待できるなど、それぞれの方法ごとに異なる特徴があります。

More...

薄毛を治療する飲み薬

メディシン

女性で薄毛の悩みを抱えている人は、プロペシアによる治療は受けられません。プロペシアは、男性型脱毛症であるAGAが原因で薄毛になっているときの治療薬です。成人男性であれば、神戸のAGAクリニックで処方を受けることができます。

More...

世代ごとの原因と対策

鏡を見る婦人

近年、女性育毛剤の人気が高まっています。これは加齢による女性ホルモンの減少が大きな要因であり、中高年世代の女性がよく利用しているからです。しかしながら、それだけではありません。若い女性も女性育毛剤を手に取る機会が増えています。これは血行不良が大きな原因です。血行不良になると、髪の毛が栄養不足になって薄毛になることがあるからです。毛髪は毛根から栄養を吸収するのですが、その栄養を供給するのは血流です。血行不良になると酸素や栄養が行き届かなくなりますので、薄毛対策として血行改善が必要になります。特に、20代女性で薄毛になりやすい人はこうしたことをきっかけにして分け目の部分が薄くなりやすいので、注意が必要です。

女性育毛剤の種類は4種類あります。年代ごとに使用するものが異なりますので、自身の年齢に応じた種類のものを使うようにしましょう。たとえば、女性ホルモンを補給するタイプのものは40代以上の世代の女性に向いています。年齢を重ねるとエストロゲンとよばれる女性ホルモンが減少したり、男性ホルモンが増加する傾向があります。そのため、女性ホルモンを女性育毛剤で補給したり、男性ホルモンを抑制することで薄毛を防止するのです。一方、20代から30代前半の女性の場合は、血行改善タイプと栄養補給タイプと保湿タイプの3種類が多く使われます。薄毛は放置しておいても改善するのはなかなか難しいので、女性育毛剤で早急に治療しましょう。

病院での薄毛治療

ドクター

男性型脱毛症はAGAとも呼ばれ、最近では治療できる病院が増えてきています。福岡には保険の適用がきく治療とそうでない治療があり、医薬品として発毛剤が処方されることもあります。健康管理にも気を遣い、医師としっかり相談して最適な治療を選択しましょう。

More...